〒901-0151 沖縄県那覇市鏡原町22番1号
学校代表TEL 098-857-0481/FAX 098-857-5456
進路部直通TEL 098-857-0482/FAX 098-857-5475
文字サイズ テキストサイズ 小 |中 |大 |

職員研修~生徒理解と効果的な指導と援助~  (2017.3.17Up)

3月16日に琉球大学非常勤講師で上級教育カウンセラー・臨床心理士の仲村將義先生をお招きして、教育相談に関する職員研修をおこないました。
多様化する生徒理解とその対応について、また校内における支援体制について、豊富な資料と丁寧な解説でお話していただきました。
実際にリレーションを作る方法を体験したり、教師同士で生徒役、教師役となり面接のワークのロールプレイをおこなったり、体験を通して考えることで、より深い理解へとつながる研修となりました。
また「勇気づけ」を通して「相互尊敬」「相互信頼」「相互協力」の関係を作ることが指導援助の基盤となることや、生徒の自己指導力を育てることの大切さについて学ぶ機会となり、大変有意義な研修となりました。

スペース16×30.pngP3160023.JPGスペース16×30.pngP3160025.JPG

スペース16×30.pngP3160034.JPGスペース16×30.pngP3160039.JPG


職員研修~高校生のメンタルヘルス~   (2016.8.31Up)

8月30日に臨床心理士の比嘉紀枝先生をお招きし、「高校生のメンタルヘルス」と題して、職員研修を行いました。
近年、増加する傾向にある心の不調について、また高校生のメンタルヘルスとその対応について、詳しく丁寧に解説していただきました。
思春期青年期の子どもの急な心の変化に対し、早期に対応して適切に関わっていくことの重要性を知る貴重な機会となりました。また、傾聴のスキルや、危険が高い場合の対応、また教員個人でできることなど、実際に活用できる具体的な内容を紹介していただき、大変参考になりました。

スペース16×30.pngP1010002.jpgスペース16×30.pngP1010005.JPG

スペース16×30.pngP1010009.jpgスペース16×30.pngP1010015.JPG


職員研修~メンタルヘルスケア~   (2016.8.24Up)

8月23日に県教育庁委託事業として、教職員元気力アップ研修会が行われました。沖縄県臨床心理士会より田崎病院・輔仁クリニックの野村学先生をお招きして、本校の職員を対象に、メンタルヘルスやセルフケアの重要性について、詳しくお話していただきました。
ストレッサーをどのように捉え、どのように対処するか、またセルフケアのレパートリーを増やすことでストレス反応を緩和することに繋がることも説明していただき、大変参考になる研修となりました。

スペース16×30.pngP1010003.JPGスペース16×30.pngP1010006.JPG

スペース16×30.pngP1010008.JPGスペース16×30.pngP1010009.JPG

筋弛緩法や呼吸法などのリラクセーション法も全員で実践しました。




琉球大学教授招聘による出前授業(数学)  (2016.7.11Up)

7月11日に、1年生の特進クラスを対象に琉球大学教育学部の日熊隆則教授による数学の出前授業が行われました。
「“財産”とは何か?」「“投資”とは何か?」という問いから、数式や曲線の関係性をグラフを用いて理解へとつなげていくとてもユニークな授業に、生徒たちは集中しながらも楽しく参加していました。

スペース16×30.pngP1018212.JPGスペース16×30.pngP1018213.JPGスペース16×30.pngP1018219.JPG

スペース16×30.pngP1018226.JPGスペース16×30.pngP1018229.JPG

実際に大学教授による授業を受けることで、学習意欲の向上や国公立大学や難関大学受験へ向けた意識付けにもなったことと思います。今回の数学の出前授業を通して、数学に対する興味・関心を深められただけでなく、人生のあり方までもを考えさせられる良い機会になりました。




「18歳からの選挙権」出前講座         (2016.6.01Up)

6月1日に、3年生のクラスを対象に出前講座が行われました。
若者の政治離れや選挙での投票率の低さが深刻化している中、7月に予定されている参議院選挙から、選挙権が18歳から対象になることを踏まえ、一般社団法人daimon副代表の新田繁睦さんを講師にお迎えして「選挙講座」を行いました。

スペース16×30.pngP1018116.JPGスペース16×30.pngP1018057.JPG

生徒はグループに分かれ、ワークショップを通して自分たちの生活の中での課題や改善策などを話し合いました。

スペース16×30.pngP1018067.JPGスペース16×30.pngP1018101.JPG

「まちづくりゲーム」では、架空の島の住人となり、島に必要な施設を考えたり、どんな“まち”にするのか、また税の負担などについてもグループごとに考えました。

スペース16×30.pngP1018065.JPGスペース16×30.pngP1018058.JPGスペース16×30.pngP1018086.JPG

またグループの代表が立候補者となり、マニフェストを考えて立ち会い演説も行いました。その後、投票も行い、選挙のしくみについて学びました。

スペース16×30.pngP1018091.JPGスペース16×30.pngP1018105.JPGスペース16×30.pngP1018127.JPG

今回の出前講座で学んだことを通して、自分たちの生活の課題が政治とどう結びついているかを考え、選挙へ投票する意義を知ることができたのではないかと思います。


熊本地震の義援金贈呈             (2016.4.28Up)


4月14日に熊本県で発生した地震により、被災者が多数発生し、甚大な被CIMG1515.JPG害となったことを受けて、本校では生徒会を中心に募金活動を行ってきました。
4月26日に集まった義援金18万9,072円を、生徒を代表して生徒会長の比嘉貴乃さん、副会長の湧川七星さんが日本赤十字社へ届けてきました。
小禄高校生の善意が、被災者の方々のお役に少しでも立てられたら幸いです。
被災地の一日も早い復興を祈念いたします。

file_20160426_0001.jpg